GERONTORON

ジェロントロンについて

ジェロントロンとは?

ジェロントロンは、「ジェロントロジー(老齢学)」と
「エレクトロン(電子)」を
組み合わせて生まれたブランドです。
美しく歳を重ねるという生き方を、
エレクトロンというサイエンスの力で応援します。

ブランドメッセージ

フィロソフィー

学術的な根拠に基づいた、 本質的なモノづくりを追求。

ジェロントロンのシャンプーやトリートメントは、泡立ちや短期的な手触りの良さといった、
万人向けの使用感は重視していません。日本で唯一、美髪を専門に研究している者の使命として、
髪に悩みを抱える方の手助けになるモノだけを、学術的な根拠に基づいてつくり続けます。

開発者について

  • 1987年より、ルーマニアの国立加齢化学研究所にて老齢学(ジェロントロジー)の基礎研究に携わる。
  • 1992年より、毛髪の伸長領域の構造研究をスタートし、1998年、(株)ヘイゼル・トンプソン設立。
    毛髪の新たな構造解析と、修復機構の研究に取り組み、世界初のノンシリコーンによるシャンプー・トリートメントを開発。
  • 新潟大学工学部との共同研究をスタート。2000年、新潟大学内に共同研究室を開設。
  • 2008年、日本再生医療学会および国際電気化学学会など多岐に渡る学会で、
    「毛髪の再生」「キューティクルの修復機構」「紫外線損傷によるシャンプー・トリートメント効果」などの研究発表を行う。
  • 毛髪研究の集大成として、2014年、一般社団法人日本毛髪構造機構研究会を設立。
  • ≪所属学会≫ 一般社団法人 日本再生医療学会
    公益社団法人 高分子学会
    一般社団法人 日本抗加齢医学会
  • ≪主な研究発表≫ 日本再生医療学会ポスターセッション
    「毛髪の放射線損傷に対するシャンプー・トリートメントの影響」
    高分子学会論文集「シャンプー・トリートメントによる毛髪の修復機構」
  • ≪著書≫ 「毛髪構造大図鑑」
日本唯一の美髪研究専門家
新潟大学大学院自然科学研究科
材料生産システム専攻
杉山 保行 博士

エレクトロン(電子)

「電子美髪メカニズム」による、
キューティクル修復促進のしくみ

電子によってアミノ酸がキューティクルの修復に作用する。

① ジェロントロン シャンプー/トリートメントに含まれる電子が、欠損/欠落したキューティクルの破断面に吸着

電子の働きかけにより、20種類のアミノ酸と毛髪が結合し、キューティクルの自己修復能力が促進される

③ キューティクルの破断面とシャンプー/トリートメントの成分の化学反応により、キューティクル様の物質が生成される。

*高分子論文集 医用高分子特集 2018 Volume 75 Number 1 pp.94-98

この電子のチカラによって、
ハリとコシがあり、まとまりやすい髪と、
思い通りのスタイリングを実現します。

製 法

電子が最も効果的に機能するよう
緻密に計算して製造

ジェロントロンのシャンプー/トリートメントは、
真空状態で原料を調合する真空釜で製造することで、
質量に隙間がない、なめらかな分子構造を実現。
「濃度勾配」や「拡散比率」、「分配係数」、「熱力学第二法則」などの
化学法則に則った製法のもと、導電性を有する
特殊な成分を添加することで、
電子がキューティクルに吸着しやすく、
また20種類のアミノ酸をはじめとする
成分が髪に長くとどまりながら浸透するよう、
緻密に計算して製造しています。